横浜市で剣道!卯月会へようこそ!!

ブランクがあった人たちが半数を占める、横浜市の剣道同好会のページです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017年 卯月会合宿3

誕生日にまで剣道をしていたら、稽古後に祝って頂けた上妻です。
好意を受けた時や何かをして頂けた時は、「感謝の気持ち」を持つことの大切を痛感しております。

さて、ブログは先日の「2017年 卯月会合宿2」からの続きです。

2017年卯月会合宿3-1

合宿も2日目。天気は雨、昨日は酒。
だけれども、道場に入れば気分が引き締まります。

2017年卯月会合宿3-2

まずは1日目の復習。
小太刀の形はやっぱり難しい!


2017年卯月会合宿3-3

そして、合宿恒例となった紅白戦。
「原嶋先生軍」と「毛利代表軍」に分かれて試合開始!


2017年卯月会合宿3-4

一進一退の攻防が続き……

2017年卯月会合宿3-5

勝負の行方は大将戦へ!

……毛利代表は、勝ち負けよりも大事なことを、真っ直ぐに全力で打つことの大切さを背中で語ってくれました。


2017年卯月会合宿3-7

最後の地稽古で、この合宿で学んだことを吐き出して……


2017年卯月会合宿3-6

2017年 卯月会合宿、終了! お疲れ様でした!


参加すると、卯月会合宿は多くの方のご厚意とご尽力により成り立っていることを感じます。

まずは、合宿を実現させてくださいました、國島副代表のご両親に深く御礼申し上げます。
原嶋先生、ご指導ありがとうございました。
和田先生、薮田先生、正々会の皆様、ありがとうございました。
そして、合宿に関わった全ての方に感謝を申し上げます。

最後に、卯月会に興味を持ち、この長いブログにお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。


<おまけ>

2017年卯月会合宿3-8

せっかく山梨来ましたから。ちょっと剣道から離れて、ほうとうタイム。こういうお楽しみも旅の醍醐味。

| ブログ | 22:23 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年 卯月会合宿2

母校のOB稽古会に参加してきたら、筋肉痛で体中が悲鳴を上げている上妻です。
15年ぶりに高校時代の同期と剣を交え、初めて出会った方と剣を交え、と、剣道と通じた出会いや再会、そしてご縁の尊さを噛みしめております。

さて、ブログは先日の「2017年 卯月会合宿1」からの続きです。


2017年卯月会合宿2‐1

稽古の疲れを温泉で洗い流すと、酒宴の始まりです。
剣道に温泉、豪勢な料理と酒、贅沢な要素が1日に詰め込まれています。


2017年卯月会合宿2‐2

盛り上がった頃、部屋が暗くなり、一本の動画が流れ始めました。


2017年卯月会合宿2‐3

それは、この9月に還暦を迎えた毛利代表へのお祝い動画でした。
多くの先生方、そして剣友の皆様より頂いた、毛利代表への「お祝いの言葉」を繋げたものです。

ある方は笑いを交えながら、
ある方は家族で、
ある方は思い出の品を出しながら、

と、やり方は十人十色で、だけれども、「毛利代表を祝福する」という同じ一点を見据えて紡がれた言葉達でした。


2017年卯月会合宿2‐4

原嶋先生お手製(!!)の裃が贈られます。


2017年卯月会合宿2‐5

ちなみに、今回は動画の内容含め、全て毛利代表に隠していたサプライズ企画でした。

2017年卯月会合宿2‐6

改めまして、毛利代表、還暦おめでとうございます!
今後もより一層、剣道を楽しんでください!


そして、原嶋先生、仁先生、和田先生、薮田先生、正々会の皆様、立正大学剣道部の皆様、剣友の皆様、卯月会メンバー……等々、今回のお祝いにご協力ご尽力くださった皆様、誠にありがとうございました!!


……と、切りがいいので、続きは「2017年 卯月会合宿3」で。


| ブログ | 14:24 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年 卯月会合宿1

休日の予定が剣道(&酒)しかないことを、
「先輩はどこに行きたいんですか?」
と、職場の後輩に心配されている上妻です。

自分でも分かりかねていますが、とりあえず9月16日は鳴沢村に行くこととしました。なぜなら……


2017年 卯月会合宿
■日時:9月16日~9月17日
■場所:鳴沢村武道館(山梨県鳴沢村)


2年振りの、しかも常日頃お世話になっている正々会と合同開催、と相成りました今年の合宿。
内容も盛りだくさんとなりましたので、合宿の様子はブログ3部作にてお送りさせて頂きます。

2017卯月会合宿1-1

この3連休は日本列島のどこでも大雨。当然。鳴沢村も例外ではありません。
でも、剣道は雨が降っても問題なし! 
雨から守ってくれる&稽古をさせてくれる道場に感謝をしつつ、稽古開始です。


まずは、日本剣道形の稽古から。
原嶋先生に、構えから、普段稽古する機会の少ない小太刀の形までご指導頂きました。

高校生の頃は、「形なんてどうでもいいじゃん。昇段審査の前にちょっとやればいいんでしょ」程度に思ってました。
卯月会に入って形稽古もやるようになって、少しだけ、大事なんだと分かったような気がします。
まだ、どう大事なのかを自分の言葉で話せない。だから、考える、そして稽古をする。
こういう時に、大人になると、剣道への向き合い方が変わるものなのだと実感します。


2017卯月会合宿1-2

午後は形のおさらいをした後、竹刀に持ち替えて稽古再開。
小さな参加者も熱心に見取稽古。
あと何年したら竹刀が持てるかな?

2017卯月会合宿1-3

面をつけても基本稽古を重点的に、

2017卯月会合宿1-4

時に、原嶋先生の実演を交えたご指導を頂きます。


1日目は、約半分が日本剣道形。
もう半分の面を着けた稽古でも、大半が基本稽古という、まさに卯月会らしい稽古だったと思います。


……と、切りがいいので、続きは「2017年 卯月会合宿2」で。
剣道を愛し、みんなから愛される一人の男にフォーカスしたいと思います。


<おまけ>

2017卯月会合宿1-おまけ1

昼食後に突然始まった、「第1回 開始線からどれだけ跳べるか選手権

2017卯月会合宿1-おまけ2

若者も、

2017卯月会合宿1-おまけ3

重量級も、

2017卯月会合宿1-おまけ5

最年少参加者も!

と、ちょとした瞬間に楽しみを見つけ出す、少年の遊び心があふれる一幕でした。

あ、私は「アキレス腱がまた切れる」という理由で参加権が与えられませんでした。残念。




| ブログ | 10:35 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第345回 通常稽古

お疲れ様です。柴田です。
9月3日の通常稽古に参加しました。
人数は少なかったのですが、私の中ではいつも通りにテーマを決めて臨みました。

この日は技の起こりを見極める。
相手が動く前の起こりに注意してみました。
かなり集中してみたのですが難しい。あたりまえでしょうが、わからないことの方が多い。
ただ起こりに集中することで何の技を狙っているのかが見えてきた気がしました。
次回もテーマを決めて集中した稽古をしたいと思います。
意識して出来るうちはまだダメ。無意識で出来てやっと身についたレベル。を目指したいと思います。

みなさん、また次回もよろしくお願いします。

| ブログ | 08:29 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第344回 4時間稽古

8月27日(日) 晴れ 17:00~21:00 記:毛利
参加者:小池・鈴木・早川・上窪・中山・福本・井上・日本郵政Uさん・毛利の9人です。
私用にて参加できない國島副代表が、途中見学に来ました。(笑)

8月前半は、梅雨に戻ったような天候が続き、雨雨雨のうっとおしい天候でしたが、
反面涼しく、体には優しい変な夏でしたネ。

さて、この日もいつも通り、緑スポーツセンターにて月に一回の4時間稽古が行われました。
この日のテーマは「木刀による剣道基本技稽古法総集編」と「審判実技講習」です。
講師は、桜田門剣術指南役 仁先生です。
三週連続で御足労頂きました。

感謝。

仁先生の号令の基、緊張感有る稽古会の始まりです。

前半2時間は、剣道基本技稽古法のおさらいと、仕上げ。
細部のポイントを的を得た解説を交え得て、ご指導頂きました。

時折厳しい叱咤と、ジョークを交え、私達の気持ちを絞めたり、緩めたり・・・。
正に、手の平で転がす如くの指導振りに関心するばかりです。

構え、目付、足の捌きと体の移動、肩を使っての腕の振りと打突強度、正中線を通る刃筋。
基立ち、掛り手、それぞれの役割とその重要性、などなど。
これらを確りと身体に落とす事により、普段の稽古がいちじるしく変わり、稽古の無駄が無くなり、錬度が向上します。
本当に奥深く、大切なのです。
これ以上は、自ら稽古に参加して学んで下さい。

後半2時間は、「審判実技講習」をご指導頂きました。
4人組と5人組の2組に分かれ、模擬試合を裁く稽古に於いては、数えきれない程のダメ出しが出ました。
特に難しいと感じたのは、「位置取り」です。
試合者の位置によって、常に変化する動き(足の捌き)。
主審中心の二等辺三角形が、試合者の位置によって、副審対主審・副審に変化する動きの見極め。
凄く難し判断力と身体の捌きが必要です。
更に、表情、腕の上げ方、発声、などなど、数えきれない注意点を分かり易くご指導頂きました。

これも、稽古に参加した者は、大儲けです。(笑)

最後に、仁先生より大切なお言葉を頂きました。
「剣道は、防具を付けての稽古だけでは無く、木刀による基本技稽古法、剣道形、審判、試合、どれも同じレベルで修練し、自分の物にして下さい。」

大変意味深く、有難いお言葉です。

仁先生、有難う御座いました。


まだまだ沢山、書きたいことは有りますが、今日はこれくらいで・・・。




| ブログ | 14:28 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT